単独三塁と連続球審

もう30度に近い朝でありエアコンにお世話になってます。
今年一番の猛暑になるそうで危険な熱中症になる日々が日曜日まで続くそうです。
そんな暑い日に職場の健診があり、腹周りが5センチ、体重も前回より5キロ減となってました。
何とかお米を1日1回食べるダイエットを継続していて今後に期待してます。

さて、野球審判の話ですが、先日の審判講習会でお手伝いをしていただいた上手いお父さん審判さんが私のブログを観てるようでありがとうございました?
前日に練習試合で球審をして熱中症となって首筋などを氷で冷やしながら三塁審判の説明やアドバイスをしてくれました。
私も自前のOS1を準備してたから飲んでいただきました。
ありがとうございました。
そんな講習会で無死4人制の走者が単独三塁で三塁審判が打球を追う練習、一塁審判が打球を追う練習をしました。
この単独三塁で二塁審判がどう動くのか座学でも説明してましたが、やはり難しかったようです。

無死で走者が単独三塁ならば二塁審判は右翼手から左翼手までの飛球は打球判定に外野に位置してるから一気に走ります。
三塁審判が打球判定に行ったら三塁の戻りのプレイに備えて三塁にはないように向かって内野に切れ込みます。
しかし、一塁審判が打球判定に動いたら大変です。
外野から一気に一塁に向かって全速力で走ります。
打者走者の触塁と打者走者の一塁と二塁のプレイに備えるためです。
ウイングと呼ばれる一塁や三塁の審判が単独三塁で動いた時の二塁審判の動きは練習をしてないと、試合中にイメージにないと動けません。
さあ皆さん頑張りましょうね。
今日も猛暑らしく熱中症怖いな!
そういえば中学硬式の九州選手権の中学は三位決定戦が無くなったそうでこんな暑い危険な夏は少しでも試合を減らしてもらいたいと思うところです。
だって2試合を連続球審をしたら死ぬからな!
毎回給水お願いいたします。そういう私も土曜日は連続2試合を球審しますから。


| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
一塁審判の動きと仕事です。

今日も猛暑らしくだな!
台風10号が発生したが猛暑の日本を離れて中国大陸に向かうそうで凄い高気圧ぎ居座ったものだ。
そんな暑い夜にも消防団ポンプ操法の訓練があっていて27日が本番、今夜も訓練があります。
さて、お父さん審判に今回熱心にお願いした動きがあります。
走者がいないとき、走者が一塁での一塁審判の4人制の動きです。

走者がいなく左中間や右中間に飛球が飛んだら打球よりも二塁審判の動きを見ます。
二塁審判が打球を追ってるのを見ながら一塁コーチャーボックスと一塁の隙間を目指して打者走者に先行して移動します。
打者走者の一塁内側を踏む、触れるのを確認します。
このときは全く二塁審判の動きやプレイはみてません。
打者走者が一塁手に触れない、二塁手に触れずに二塁に向かい、三塁に向かったら本塁に向かいます。
打者走者が一塁から二塁に向かい、一塁に戻って来たら打者走者、塁、一塁手、審判と一直線に並んで戻りのプレイに備えます。
野手と打者走者の接触、球を持たない野手の妨害を確認するのも一塁審判の仕事です。

ボーッと打球を見てる一塁手に接触したり、倒れたりすることもありますから本塁に行くことばかり考えずに一塁とコーチャーボックスの隙間で打球から眼を切ってプレイを見つめることを一塁審判は求められる、一塁審判しかできない仕事です。
走者が一塁で三塁審判が打球を追った場合も同じですね。

では捕球されたか安打になったかはどうやって知るのかは打者走者の動きを見て判断します。
ピボットして打者走者の動きを見ながら捕球か安打を判断する2人制の塁審判員の判断、動きがここにあります。
2人制の審判はやはり基本ですね。
さあ今日は健康診断があり絶食の暑い怠い朝なんですよ。
一塁審判の動きがイメージできたお父さん審判はエライ!
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お任せして走るイメージ練習

あまりにも暑くて朝の5時でも気温が高くエアコンが1日切れない夜でした。
今日も明日も高い気温の猛暑になるそうです。
熱中症で危険な37度以上になる怖い気温になります。
週末は軟式の中体連があり硬式小学部に行くことになってしまいました。
実は地域の祇園祭で朝から舞台作ったりと忙しかったので野球審判はお休みいただいてたのに足らないなら仕方がないな。
硬式小学部の第2試合と第3試合を祇園祭の準備の合間に行ってきます。
フィールドナインのグランドだから近いからね。

昨日の夜は消防団女性部の会議で今晩はポンプ操法の訓練と忙しいな。
お父さん審判の講習会で様々な方々と話ができました。
やはりフォーメーションが難しい、長く打球を見てしまうようです。
4人制の審判で走者がいないときは外野手の位置を常に見ます。
打者や作戦によって変わるからです。
あそこまで私が打球を追うのかと投球を見ながら立って考えています。
三塁審判なら常に二塁に走るイメージトレーニングしてます。
三塁審判方向に飛んで来ても左翼手の位置を考えてイメージしてるから左中間の打球は二塁審判にお任せして一気に二塁に走って行きます。
打った瞬間に二塁審判にお任せです。
打球を長く見ないで一気にイメージどおり走ってみるを練習試合で試していただくと良いと思います。
難しかったら先ずは三塁審判の二塁に任せて長く打球見ないで判断するから練習を始めてみたらどうでしょうか?
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
同時に打球を追ってしまう

今日も朝から暑くてエアコンが必要な猛暑らしく土曜日、日曜日、祭日と野球審判なんて頼むから辞めてくれ!熱中症に超注意の最大限警戒の3日間でした。
私も土曜日は審判が終わってから帰宅してるときに足が痙攣してしまいました。
皆さん最大限の注意が必要です。

そんな中学軟式の審判をしてから2日間の中学硬式のお父さん審判講習会2日間でしたが
50人以上のお父さん審判を2人の審判では指導ができません。また実技の時間も2時間しかなく、この猛暑では2時間連続しては選手もノックする監督やコーチ、監督も倒れてしまいます。
でもお父さん審判に付き合ってくれて2日間石原をありがとうございました

座学で4人制の審判で走者がいないときの外野の打球の責任範囲、走者がいるときの外野の打球に対しての判定責任範囲を何回も説明するも同時に2人の審判が打球を追ってしまいます。
打球が自分の判定責任範囲に上がったら二塁審判や一塁や三塁審判を見て二人が追っていたらどちらかが戻る説明をしました。
左中間の飛球でも誤って三塁審判が打球を追っていたら、気づいた二塁審判は戻って二塁のカバーリングに戻ればまだ良いと思います。
打球を追うときは必ず他の審判を一瞬観てください!と話をして現場で何回も説明するもなかなか難しいですね。
先ずはここからです。
さあ今日から仕事、週末は祇園祭で今週は審判はしません。
皆さん気をつけてネ!
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
サングラスはOK

中学硬式のお父さん審判講習会に行ってきました。昨日は中学軟式の審判と暑くて大変でした。
こんな猛暑での野球審判は辛いですね。
明日も朝から中学硬式のお父さん審判の講習会ですから午前は座学、午後はドリルです。
審判講習会は初めての参加の方々が多かったので4人制の審判は深くはできませんでしたが熱心に頑張ってくれました。
明日は大牟田に行きます。
今日と同じメニューで4人制の無走者、走者が一塁、単独三塁を実技やります。
そういえばお父さん審判のサングラスはOKになったそうです。良かった。
今日みたいに白い土だと反射が凄く飛球が見えません。
さあ明日も朝早くに出掛けて頑張ります。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新人君と2人制

消防団の訓練で毎晩出動してるため寝坊してしまった晴れの朝です。
今晩も激励式があり勤務が終わってから着替えて出動しなければならず、審判長にやはり今後も日曜日に審判を休むことを伝えました。
今度の土曜日は新人君と2人制の審判だから頭を切り替えてやらないとね。
最近4人制の審判ばかりやってたからね。
2人制の審判は打球を判定する審判と走者に先行する審判にきれいに別れますから明確です。

初めて組むのでどう動くか不明ですし、新人だからどうかな?と心配はしてますが上手くカバーして頑張りたいと思います。
走者がいないときは中堅手から左の飛球はすべて球審が判定し、中堅手から右側の飛球も安易な飛球は球審に任せて塁審判員はピボットターンで打者走者に先行して二塁以降の塁を担当します。
安打ならポーズリードリアクトで塁審判員の判断で動きが変わっていきます。
走者がいないときの中堅手から左の飛球は何も考えずピボットに行きますが、中堅手から右側の飛球はポーズで左足を前に動かしラインに平行に立ってプレイを読む醍醐味があります。
このラインに平行に立ってどう読むのかが大事で楽しいですね。
球審がその動きに合わせます。
さあメカニクスハンドブックをまた読み直して土曜日に備えたいと思います。
今日も暑い1日になりそうで疲れが取れないですね。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
女性の活躍

寝苦しい夜でしたね。
朝からエアコン付けてブログ書いてます。
今日も35度を超える猛暑になりそうで熱中症が怖いですね。
さて、高校野球の地区大会が始まりケーブルテレビで夜に再放送を観てます。
何か高い声でプレイの声が聴こえます。
そう女性の球審さんですね。
観てると頭も動かず慌てずストライクのコール、コールしたら一歩下がってリラックスしてまた構えに入ります。
基本がしっかりとしてスロットスタンスに入れば安全にファールチップに当たる確率は少なくなります。
防具もかなり大きめを着けられてるみたいです。

スマホでネットニュース見てたら高校野球の伝令に制服着た記録員の女子マネージャーがマウンドに上がって監督の指示を伝えたそうです。
タイム中であり危険はないと判断されたようです。
確かに危なくないよね。
中学硬式のお父さん審判の講習会に日曜日と祭日に講師として行きますがお母さんが参加してくれても良いと思います。
審判が足らないとリーグ戦がができません。
実際にやるかやらないかは別として参加されるのは良いと思いますよ。
やるかやらないかは本人次第です。
無理は言いませんけど、座学や実技に参加して体験してもらうと大変さや面白さが解ると思いますし、アナウンスに活きてくると思います。

最後に7月と8月は消防団や農業の手伝いで日曜日の野球審判を基本休ませていただくようにお願いしました。
熱中症対策もあるし、暑い中で2日間連続審判の自信もないし忙しいので土曜日や平日の大会に行くことはできます。
今年は親父が亡くなったから初盆もあるからたくさんの方々が実家に来られると思います。
昨日は消防団ラッパ隊の訓練、今日も明日も夜はポンプ操法の消防団訓練に行ってからのケーブルテレビでの高校野球観戦で審判の勉強です。
久留米の洪水被害のボランティアにも行きたいなーと思う忙しい毎日が勉強の新米野球審判員です。

| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
3連休の日程

今回の豪雨で球道グランドやロイヤルズグランドが水没してかなりの被害が出たようです。
硬式中学は練習場所の確保が難しく軟式しかできない野球場やグランドが多数あります。だから軟式が球が硬くなってどうなるのかな?やっぱり硬式には貸してくれないのかな?なんて思う暑くて寝苦しかった朝です。
週末の日程が流れてきました。
3連休で軟式中学の中総体2人制の2試合とお父さん審判の審判講習会が2日間ですね。

新人君と中総体2人制の審判となったので私が2試合の球審をします。
新人君がどれくらい動けるのか?2人制の審判をどれだけ理解できてるか見ながらの審判となります。
25歳の新人審判員に注目です。
残りの日曜日と祭日はお父さん審判の4人制の審判講習会となります。
どう教えるか新人君と審判した後に打ち合わせする予定にしてます。
1日で4人制の審判をお父さん審判に教えるのは難しくテーマを絞って教えたいと思います。

最後に今回は新人との2人制の審判で、新人君が自分で判断して打球を読んで動くからそれを見ながらの球審となります。
サインも出しますし、ワーキングエリアから必要以上に出てないか、動きにキレがあるか、次のプレイを想定してるか、走者に先行して動いてるかを見たいと思いますし、新人に笑われないように球審もしっかりとやりたいと思います。さあ頑張るぞ!
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ポストピッチステップ

昨日の天気で梅雨があけました。
去年より4日早く、平年より10日も早いそうです。
今年の夏は暑く猛暑と聞いてます。
体調を考えて週末は1日の審判を堅持していきたいところです。
しかし、ホークスカップなど平日の試合ももう言われてます。
今年は8月6日にソフトバンク2軍のタマスタジアムが会場になっていて審判の打診があり楽しみにしています。
4人制の審判を3試合するそうですよ。
田植え機械のように淡々と仕事ができるようにしたいものです。

さて、一塁審判の時に捕手から一塁送球を判定するため右側の足を左足の前に動かしクロスさせて右足を軸に左足を外に出すステップをポストピッチステップと言うそうです。
なぜこのステップを捕手が捕球してからするのか考えてみました。
野球審判員は危険を回避することも大事です。球審がファールチップが当たらないようにスロットスタンスと呼ばれるインコースに構えて打者との隙間から判定します。
通常一塁審判が走者がいる場所は捕手が一塁に走者を刺すために投げる送球ライン上です。
一塁手が取り損なったら一塁審判に直撃します。
防具を付けてない塁審判員の頭に硬球が当たったらと思うと怖いですね。
捕手が捕球したのを確認してステップをすると送球ラインから外れて走者、塁、野手を一直線上に安全に見ることができます。

ポイントは捕手が捕球してからステップをするということです。
早く動くと一塁の上を通過する打球判ができません。
一塁牽制球を判定するために最初から一塁線から離れてポストピッチステップした後の場所に構えているお父さん審判がいますが、先ずは打球判定が一番なので一塁審判の右足を一塁線に沿って投手に向いて構えます。
投手が捕手に送球するのを目で追いながら一塁走者のリードが大きく、捕手の肩が強いと読んだら捕手の捕球を確認してステップを踏むのを私はやってます。
やるかやらないかは全く自由ですがやることで捕手からの送球に集中できるし1球を丁寧に判定できる気がします。

週末の野球審判が本日流れてきますが中学軟式の中体連、今は中総体と呼ぶそうですがそれになるか?休みなのか?判りません。夜は消防団会議もあるし明後日は消防団ラッパ隊の訓練もあるし地域の祇園祭は21日にあるから準備をしないといけないし忙しい7月です。さあ、今日もブログ書いたし暑いが皆さん頑張りましょう!

| 野球審判員 | - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
久しぶりに再開します。

おはようございます。と久しぶりです。
地震、大雨警報での警戒業務、消防団活動、野球審判、田植えと忙しい日々でブログんお休みさせていただきました。
10年ブログ書いてますがこんなに長く休んだのは初めてです。
休んだ理由はとにかく5時に起きて田植えの手伝い、夕方から勤務後に手伝いしたり、大雨警報で警戒しながらそのまま職場に泊まりになり37時間勤務や行方不明捜索などブログを書く時間がなかったことともうひとつ理由があります。

最近のブログコメントに嫌気がさして書く意欲を失いました。
上から目線、重箱の隅をつつくような馬鹿にしたようなコメントなどが続きました。
野球審判をやってて他人に頼ることなく自分で調べてこう思うがどうなんでしょうか?ということをしないと身に付きません。
たくさんの引き出しを持ってその中から何れを選択して動いて判定するのか?
経験と知識を有して常に勉強が野球審判の大変なところであり楽しい魅力でもあります。達成感は様々ですが納得の行く判定をした時の充実感は野球審判でしか味わえないものはありますね。

早起きの習慣がついて田植え!が終わって少し時間ができるようになったから毎日とはならないかもしれないし、気分がやはり晴れないかもしれませんがFacebookやラインで励ましをたくさんの方々から受けたので書いていこうと思います。

今回の豪雨で球道グランドやロイヤルズグランドは水没してかなりの被害が出てるようです。
最後の田植えや水防警戒で行けなかった中学硬式のジャイアンツカップ予選では筑後サザンホークスがサヨナラ負けし、佐賀フィールドナインはサヨナラ勝ちをしたと審判員から聞いています。
ジャイアンツカップの審判員に選ばれてましたがM山さんに代わっていただきました。
中体連、ジャイアンツカップ、ホークスカップ、中学硬式の大会、2人制の少年野球大会と忙しい7月だそうで熱中症にならないようにしながらの野球審判の となります。
熱中症となれば野球審判は引退、ブログも閉鎖となりますがそうならないように頑張ります。
ということで明日以降ボチボチと書いていきたいと思いますのでこれからもよろしくお願いいたします?
追伸ですが疲れて寝てて震度3は気づかなかったな。台風8号が来てて九州に接近しないことを祈ってます。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |