私の4人制の試合は通じるのか?

何か肌寒い朝ですが夜は弱い雨が降るそうです。
土曜日は朝から夜に電気をつけてまで頑張ってトラクターに乗ってました。
日曜日は県営野球場での4人制の審判を2試合させていただきました。
夕方にはまたまたトラクターに乗ってと農作業も忙しくなってきましたよ。
さて、そんなに強化試合の4人制の試合は当日変更で一塁審判員と二塁審判をさせていただきました。
初めて組む高校野球の審判をされてる3人の方々と一緒でサインを交換して楽しく元気に審判ができました。

この10年間上部団体のない審判協会で自分なりにやってきた野球審判が通じるのかちゃんと出来てるかを知る試合でした。
結果的には間違ってなかったし、これからは技術を研いて精度を上げていきたいと思います。
第三試合は高校野球や硬式社会人の審判をされてるバリバリの若手審判と控え室でたくさん話をさせていただきこの時間も貴重で楽しい時間となりました。
明日から4人制の試合でどうだったかを書いていきたいと思います。
今日は人事異動の内示があり4月からの体制が判明しますし、送別会の準備や会議など今週はバリバリ忙しいですな。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
引退のタイミングと順応性

昨晩は野球審判を終えてからメジャーリーグの中継を見て朝からイチロー引退会見観てます。
やはりメジャーリーグ審判には憧れますね。
あんな構えや判定をしたいと思いますね。
菊地もイチロー引退試合に登板できて幸せでしたね。

昨日は雨で農作業ができなかったのですが学童軟式少年野球審判の3人制の球審と1塁審判をさせていただきました。
トラッキングを厳しく一生懸命させていただきましたが、ボールの判定、見切りが早くコールは全て一律に同じタイミングでやらないと駄目と反省です。
新しい発見もありました。
全軟ルールだと思いますが、2ストライク3ボールになると三塁や一塁の審判に球審が手を出してツースリーと表示をして確認します。
やらないと駄目だよと指摘を受けました。
なるほどその連盟や協会、グランド等に上手く順応できる審判でありたいと思います。

筋肉痛の朝になりました。
やはり今年はスクエアな構えからヒールトウヒールの構えに変えたから体を捻るのでまだしっくりはいきませんがメジャーリーグ審判みたいに自然にできればと思うところです。
イチロー選手みたいにいつかは野球審判や消防団幹部は引退しないといけません。
感謝や惜しまれながら引退したいもので人間引き際は美しくタイミングを逃さないように思う暖かい春の筋肉痛の朝です。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
天気予報で予定が変わる

今日は肌寒い朝ですが日中はかなり暖かい春の1日になるそうです。
本日の夜は定年を迎えて退職する上司の送別会で飲み過ぎないようにと考えています。
翌日に野球審判がある場合は気を使います。
しかし、天気予報では21日は本日夜から明日の午前中にかけて雷を伴った雨が降り、野球審判は全て中止と予測されますが天気は変わる可能性もあり一次会で泣く泣く帰る予定です。
酒が残って野球審判はできないし、道中飲酒運転になるからです。
全てにおいて気を使う野球審判です。

では21日の祝日は野球審判はできないからその試合が22日の平日や23日土曜日、24日日曜日に振り替えられます。
22日に大学準硬式野球の審判員が足らず仕事を休んで行けないかと打診がありましたがさすがに年度末で無理でした。
後輩が行ってくれるらしく何とか22日は埋まったようです。
しかし、23日の土曜日は写真の今津運動公園野球場に今季初の大学準硬式野球3人制の3試合に行くことになりました。
では24日は?
こちらは空いてしまいました。
農作業をやるか地元の全国レベルの試合があるのでそちらを勉強に行くか?
中止の影響で急遽野球審判が入るか?
雨の影響がどうなるかわかりません。

野球審判員の中止の連絡は様々です。
携帯電話、ファックス、メール、ラインから連絡があるので雨が降ってても中止の連絡がない限り野球場やグランドに向かいます。
だから明日は中止だろうって深酒してると晴れて野球審判があるなんてこともありましたから油断大敵です。
日曜日はホークスカップ中学軟式野球で福岡ドームでしたが外れたから何をするか1日考えたいと思います。
野球審判は常に朝に天気予報が気になるライフワークです。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
セットの位置を移動する。

夜中に雨が降ったようで地面が濡れてました。
天気は回復していくようですが、21日は朝から雨でまた試合は流れるかも知れません。
春の天気はコロコロ変わって大会運営は難しいですね。
写真判定中学硬式の試合前で若い監督ですがしっかりと指導をされてる強いチームです。
さて、別のリーグで硬式中学お父さん審判で頑張ってる後輩から質問がありました。
セットポジションの位置を変える投手がいますがどうなんでしょうかとの問いです。

問いを答えることで勉強になります。
先ずは、高校野球なんですが1試合を通じて同じ位置にセットしなければならないと書いてあります。
規則上注意すべき事項の投手に関する規則です。
こと細かく書いてあり、サインを見る姿勢や順序まで決まってます。
セットポジションの静止と投球にはっきり書いてあります。

次に全軟競技者必携です。
問75に止めた箇所を移動させてはならないと書いてあり、審判上の取り決め事項ならびに注意すべき規則の中に書いてあります。
15の正しい投球姿勢の徹底という項目の4に1試合を通じて同じ位置で保持させなければならないとあり、注意指導するとあります。

そもそも野球規則ではどうなってるのかといえば、5.07aのセットポジションを見て注3に保持したならば移動させてはならないと書いてあります。
つまり、1球ごとに位置を変えることは打者を幻惑する意図があると判断され、1打者は同じ位置と解釈されてるようです。
だから打者ごとに変えても良いのです。
しかし、その大会やリーグが全軟規定を使うのか、高野連の規則を適用するのか、大会要項で規制するのかを明確にしてないといけません。
タイムの回数と同じく何を適用するのか。適用がないなら1イニングに2回しなければ何回もOKです。

野球規則が複雑で、高野連は、全軟はなんて規則をたくさん作るから複雑になってしまい新しい審判員が生まれないのです。
ということで何を適用するかで投手のセットポジションの位置は変わるというお話でした。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
誰にゴーイングアウトと言うのか

昨晩は後輩を説得して幹部になっていただくことになりました。
ラッパ隊としては痛いのですが支団のことを考えるとお願いしたく必死に話をして快諾していただきました。
桜の開花宣言が本日されるかというところですが一足先に消防団幹部の桜が咲いたところです。
今週は春本番の暖かさになるそうです。
写真はお父さん昨日の午前に県の消防大会があり、午後から軟式学童少年野球の審判に行きました。

さて、この週末はお父さん審判との4人制の審判を4試合行いました。
土曜日は硬式中学の4人制2試合の審判でお父さん審判は頑張って4人制のフォーメーションを熱心にやってくれました。
2試合とも課題は打球を2人の審判で追わないためにはどうするかです。
外野の飛球に対して必ず他の審判員の動きを確認してから動き出すことです。
この他の審判員を見ることで距離は離れますが距離より2人の審判が追わないことが大事でその分角度をとって捕球する野手から離れても良いからと話をしました。

2試合とも打球を2人の審判が追うことはなく良かったです。
アイムゴーイングアウト、打球OKと誰に対して発するかの話もしました。
例えば走者が一塁で中堅手に飛球が上がったら一塁審判員と三塁審判は互いに審判員を見て一塁審判員が三塁審判に向かってアイムゴーイングアウトとか打球OKと言って打球判定に少し遅れて行くのです。
走者がいなく左中間に飛球が上がっても外野に位置する二塁審判と三塁審判が互いに見て二塁審判が三塁審判に向かってアイムゴーイングアウトとか打球OKと発して走り出します。

相手を見る時間で誰が打球を追うのかを考える時間が発生します。
打球が上がった瞬間に走るのではなく、どんな打球も他の審判員を見るのが複数の審判をやるときに二人で打球を追わない極意とお父さん審判にお話をしました。
完全な安打と判断したら走者がいないときに二塁審判は内野に向かって一気に走り出します。
このことでフォーメーションは発生しなく三塁審判が二塁に走る負担が減ります。
互いに審判員を見て動き出すことで二塁や三塁の審判の動きが変わります。
この話をしたら熱心なお父さん審判はしっかりと判定して動いていただきました。
また、試合が終わる、始まる前にも熱心に質問していただきました。

今季初の硬式中学4人制の審判は楽しく元気にできましたから良かったです。
駐車場でもお父さん審判から質問を受けました。
どんどん試合に行った協会審判員に質問していただくことで審判員のスキルとお父さん審判の知識が深まります。
しかし、昨日の軟式学童少年野球でのお父さん審判との4人制の審判はフォーメーションは全く発生しない。高校野球の生徒とやる練習試合のように動くことなくその場で判定をするという2試合でした。
同じ4人制の審判でもかなり違いを感じたところです。
今日は夜に消防団幹部会議と部長会議があり忙しい週初めの月曜日です。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お父さん審判との試合前の約束

今日は次男の卒業式で仕事はお休みです。
私は卒業式後の謝恩会実行委員で忙しい日々を過ごしてましたがこれもまた最後の役目として楽しんでやらせていただきました。
野球審判も他の役も楽しんでやらないと苦痛になってしまいます。
明日の中学硬式の試合も試合開始時刻が1時間遅くなり試合も3試合が2試合になりました。
お父さん審判と楽しんで4人制の審判を頑張りたいと思います。

野球審判って緊張しますし、嫌々やるのではなく子どもたちのためにという気持ちで自分でよければしっかりとキチンとやりますという姿勢が大事です。
嫌々やってる人には教えたくないし、一緒に頑張った爽快感、達成感が湧きません。
嫌々やってると野球をやってる選手や監督に失礼だと思いませんか?
下手でもやる気のあるお父さん、お父さんがいないならお母さんでもよいと思いますよ。

4人制の審判で打球を2人の審判員で追わないようにするには他の審判員の動きを見てから動く。これができれば大丈夫です。
県の講習会で4人制の走者がなし、右翼手付近の飛球で二塁審判の私は打球を見て一塁審判員を直ぐに見たら打球に向かって走り出されたので内野に向かって一気に走り出したら一塁審判員が戻ってきてしまいフォーメーションがグタグタになってしまいました。
内野に向かって走りながら一塁審判員を見て打球判定に方向転換したがよかったかな?
三塁審判も困ったと思いますよ。
いきなりまた打球判定に向かい出したらいきなり二塁に走るわけですから。
間違って打球判定に向かったらそれはそれで戻ることはしないで打球判定に行く。
そんな試合前の審判ミーティングをしっかりとやりたいと思います。

しかし、昼から雨で明日の朝まで激しく降るらしく日程がない中学硬式はたぶん時間を遅らせて2試合を消化するから着替えをたくさん持って行くつもりです。
しかし、夜は同級生のミュージシャンが凱旋帰国ライブがあるので間に合わないのか心配です。
高速インターから遠い野球場だからね。
今日も肌寒い雨に向かっていく卒業式の天気です。

| 野球審判員 | - | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
規則も天気も急激に変わります。

今日も天気は良いが昨日は風が冷たく肌寒かったですね。
今日はどうかな?
さて、県の講習会に参加したことをブログに書きましたが、塁審判で内野に位置した場合は本塁に正対する。球審は捕手の頭に顎を載せる感覚で、球1つ高くするわけではない。と連絡をいただきました。
ただ、野球からベースボールに変わって来てるのでうちの連盟は、我が協会は、軟式では、硬式ではなんてカテゴリーも無くなるのではないかと思います。
そんな特別なルールを作るから野球審判や野球人口が増えないんだと私は思っています。
複数の野球審判をしている私は、野球規則どおりに統一していただきたいものです。
カテゴリーがたくさんで迷いますね。

例えば野球規則には投球練習は8球以内で1分以内となっていたのを撤廃して投球練習の制限を無す代わりにベンチ前のキャッチボールを禁止しました。
ヘルメットも被ってないから危ないという理由です。
ベンチから試合中に出ることを野球規則では禁止してるからです。
しかし、競技者必携等を読んでると試合のスピード化に関する事項では8球以内2組までの記述は削除されてません。
つまり、全軟はベンチ前のキャッチボールは今までどおりとなります。
さて、東京オリンピックまでには全て辞めさせるとなっているベンチ前のキャッチボールは移行期間で来年にまた変わるかも知れませんね。
学童軟式少年の70球もどうするかもまだ県連や支部では決まってなく裁量を委ねられてます。
どうなるのかな?

最後に様々変わる野球規則ですが天気も晴れだったのにこちらも変わってきてます。
明日の昼から明後日の朝まで雨の予報です。
つまり、土曜日の硬式中学の野球審判は微妙になってきました。
21日も農作業してから学童軟式少年に行く予定が雨の予報に変わってますが気温は暖かく春の陽気になりそうです。
野球規則も天気も急激な変化に必死についていく新米野球審判員です。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
投手がボールを着衣で拭く

今日は天気がよく暖かくなるらしいですね。
さて、週末は土曜日は中学硬式の3試合をお父さん審判と4人制をやって、日曜日は消防団県の式典に参加してから学童軟式少年野球をこちらもお父さん審判と2試合審判する予定です。
消防団式典の後に懇親会でしたが現役幹部が亡くなったから中止になり野球審判が入ってきました。
21日も農作業やりながら田んぼの近くのグランドで3人制の2試合学童軟式少年野球審判となりました。
今年も上手くスケジュール調整をしながら野球審判をやっていきたいと思います。

この3日間7試合でやりたいことは、トレイルフットからオンザラバーに入り、捕手の踵のラインを意識して頭の位置も捕手の頭に載せる感じでトラッキングしてコールをしたいと思います。
オンザラバーの時は膝に手を置いてセットの形から背中を丸めて空間を意識して体を捻って投手に正対したいと思います。
トレイルフットは45度に開いてスロットフットは投手に正しく向けて基本を大事にこの球審の所作と構えで球審やってみたいと思います。

最後に今年は野球規則、競技者必携が変わってますのでオレンジの新しい競技者必携を読みながら朝に勉強する時間を作りたいと思います。
競技者必携の改正を読んでますが、タイブレークは無死一塁二塁に変更となり投手がボールを身体や着衣で拭いたら硬式野球と同じくボールを交換することになりました。
これは捕手や野手は良いが投手は禁止となってます。
今までよくやってましたよね。
これは試合前にちゃんと注意をしとかないと癖でやってしまうでしょうね。
全日本軟式野球連盟から競技者必携の改正の通知が出てますからしっかりと確認してください。
硬式野球では投手がボールを拭いたら球審が直ぐにタイムかけて交換、注意を受けます。
さて、勉強とブログ書く時間は終わり、ご飯食べて出勤準備です。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
急激に技術を上げるには

今日も天気はあまりよくなく雨が時々降る天気です。
4人制のフォーメーションについて説明があり、実際にやるドリルが県の講習会でありました。
日頃は3人制のフォーメーションばかりで4人制はあまりやってないようです。
ん?何処かの審判協会に似ている。
そう私が元来所属している審判協会です。

では、4人制をやるためというか審判の技術を急激にあげるためにどうしたらよいかとの話です。
私が思うに徹底的に2人制のフォーメーションをやる。外部講師を呼んでも2人制をしっかりとやれば3人制や4人制の技術が急激に上がります。
体のキレ、プレイを読む、打者走者に先行する。無駄な動きはしないが動くときは素早く動く。
NPBやアメリカのアンパイアスクール、マイナーリーグで採用してるのが解ります。
九州や全国の大会があるなら急激に技術をあげなくてはならず2人制の審判について真剣に感じる、実施する必要があるのではないかと感じました。

私が所属している審判協会でも外部講師を呼んでしっかりと講習会をやったから若手がグングン伸びました。
しかし、大先輩たちには迷いが生じました。小さな田舎の審判協会だからできたと思っています。
これは私の私見で批判的意見ではありません。講師の方々は一生懸命に勉強して教えてられました。
頭が下がります。講師の方々の言動を勉強してました。参加できて良かったです。
私は2人制の審判講習会と実施をすれば絶対に技術が上がると信じています。先ずはプレイが遅い学童軟式少年からやってみてそこから広げれば野球審判不足も解消します。ただ、2人で審判をやるのではなくしっかりとした2人制のアンパイアリングができないと駄目でそのためにはかなり勉強しないと駄目です。
さて、私の週末の野球審判日程が流れてくるのが火曜日なんです。
さて、週末の野球審判は何かな?
先週日曜日に雨で流れてるから中学軟式かな?大学準硬式ではないようだし中学硬式かな?楽しみです。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
野球からベースボールへ

今週は晴れて週末まで雨の予報はありません。つまり、昨日の雨で流れた野球審判の日程が一気に週末に押し寄せてくるから忙しくなりそうです。
私は日曜日は消防団の県大会なんですよね。
写真は県の審判講習会であり、投球練習の判定でゼッケン21番の私は新しくスクエアから従来推奨されてるスロットポジションのトレイルフットを45度に開いて入り、スロットフットを投手にしっかりと向けて体を捻って判定に挑みました。
ここでいつもと違うのは背中を丸めて捕手との空間を感じてトラッキングをしっかりとして大きな声で判定をさせていただきました。
新しいこのスタイルで今季は頑張ってみたいと思います。

今回の講習会は様々なところで講師の方々から野球からベースボールに変わって今までと違う場面があり説明があります。
スロットポジションで球審の頭の位置も捕手の頭に球審の顎を載せるのが球を1つ置いてその上に顎を載せるに変わっていて高くなりました。
際どい大事な場面ではパンチングアウトをして良いに変わりました。
ただし連発はするなとの話です。
4人制の塁審判でベースパスに平行に立ってよい。つまり内野に位置する塁審判は本塁に正対しなくてもよいとのことです。
まだありますが新人の私は黙って目立たないようにこっそりと参加してました。
野球からベースボールへと急激な加速を感じる講習会でしたね。

消防団幹部旅行で楽しく行った幹部が亡くなり、本日は制服を着て出棺時に葬儀で葬送のラッパを吹かせていただきます。
突然に亡くなった元ラッパ隊の隊員であり消防団幹部の彼に届くよう一発勝負の間違いが許されないミストーンできない場面です。
忙しい1日になります。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |