今後について考える。

昨年までは年間120試合から多い時は180試合近くの年間審判をやってました。
しかし、熱中症が2回目で腎臓に負荷がかかった。農作業が忙しくなった。医者から制限を求められたことで今年は70試合くらいになりそうです。
野球審判になって10年目となり身体や農作業を考えて野球審判をどうやっていくのか考える時がきたようです。
この週末には審判協会の納会などがありゆっくりと考えてみたいと思います。

NPB仕様のハーフジャケットを後輩の審判が着てましたが格好が良かったから聞いてみたら確かに高いですね。
でも私も買ったNPB仕様の靴を履いてプロ野球OB杯の球審をしてみたら全く今までの靴と違って軽やかに脚に負担なく動けます。
やはり良い道具とはそんな物かと感じた試合でした。
NPB仕様野球審判と検索すればたくさん出てきますし、欲しい品物ばかりですね。
最後に今後はどうするかを考えながら年内の野球審判が1試合できるかどうか。
オフの審判講習会を大事にしながら考えていきたいと思う雨に向かっていくどんよりとした朝です。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
連休の予定!

写真は昨年の浮立の写真で今日は朝から23日に奉納するから準備に追われてます。
まあ何とかなりそうです。
もちろん私は今年は浮立には親父が亡くなったから参加できないから事務局長としての参加です。
事務局長が20年目となりましたね。

玉ねぎの苗が育ってます。
植え付けは来週からなんで農作業も頑張らないといけません。
苗が余るといけないので田んぼを耕しました。

さて、審判ですが、23日と25日に予定があって24日には審判が入らなかったから県営みどりの森に高校野球を観戦の予定です。夜は学童軟式少年野球連盟の納会に参加します。
24日は納会で審判長代理の挨拶もしないといけないからね。
今から考えても忘れる初老の審判員です。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
プチ自慢

雨上がりの寒い朝です。
昨日は夜中の2時から活動、浮立や審判ミーティング、決算書の準備をして公民館で浮立の衣装を出して点検したりと忙しかったですね。
そんな中でも野球審判の消耗品であるベルトを買いました。

安いベルトは千円以下でも激安スポーツ店には売っていて私はデポで買って使ってました。
しかし、ベルトの穴の部分がヒビが出来て割れてきました。

消耗品ですからね。
よって得意のメルカリで新しいベルトを買いました。
ウィルソンのベルトなんです。
使ってみてまた感想は書きたいと思います。
あのウィルソンのベルトを買ったよ!と言うプチ自慢の話でした。
| 野球審判員 | - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
今日は農作業

今日は玉ねぎ植え付け前の作業やってます。
私以外は皆さんは野球審判やってるようで15時過ぎに上がって審判ミーティングに行きます。

大学準硬式も秋季大会で来年のシードを決める大会があってます。
3人制の審判をやってるようで接戦ですね。
さあ昼からも頑張ろう!
プロ野球OB杯は先生が入って4人制の審判やるらしいね。
先生たちが審判をするようになってきてるから大変だと昨日も言われてましたよ。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
久しぶりに球審

今日は中学軟式プロ野球OB杯の2人制3試合に審判に行ってきました。
塁審判と球審をしましたが、球審なんて1月やってませんでしたからどうかな?って不安がありましたが何とかできました。
しかも私が球審の会場決勝戦はスミ1と呼ばれる初回に1点が入っただけの試合でした。

26歳の新人審判員と私を審判協会に誘ってくれた大先輩との2人制の三試合でしたよ。
私らしく元気に会場決勝戦球審はできたと思います。
明日は朝から農作業に審判ミーティング、伝承芸能浮立の練習です。
心地よい疲れを感じながらビール飲みながらの自己反省です。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
道具に拘る審判員

今週末は伝承芸能である浮立(ふりゅう)の最終練習日となります。
昨日は消防団ラッパ隊の訓練でしたし1つずつ行事は終わっていきます。
さて、先週の社会人早朝軟式野球の後に別の連盟の交流戦に我が協会の技術指導員の審判員が1人制の審判に来ました。
閉会式後にグランドにラインを引いて次の試合の準備をしてました。
姿を見てると黒いSSKのビニール半袖を着ていて野球審判も着こなしが大事だなと思ったところでした。
消防団も野球審判も着こなしは大事だと思っています。
消防団はきちんと着てないと災害現場で引っ掛かって怪我をします。
野球審判員は締まった試合をするため、威厳を保つため着こなしは大事だと思います。
最近はそんなことを考えてオークリーのサングラスを買ってみたり、ウィルソンのベルトを買ってしまいました。
最近は野球審判にあまり行かないのにNPB仕様の靴を買ったりもして道具に拘ってるようです。

道具より技術が大事なんですけどね。
週末の土曜日は軟式中学なんですが、26歳の新人、70近くのベテランと2人制の三試合を3人で審判をするので道具に負けないようにしっかりと私らしく審判をやりたいと思います。
久しぶりの26歳の新人審判員は上手くなったかな?
野球審判員はどうしても道具に拘るのは私だけでしょうか?
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
二塁審判を勉強してた

昨日は日米野球に高校、大学の神宮球場で行われていた日本選手権の審判をテレビで観てました。
その中で気になったのが4人制の二塁審判の動きでした。

4人制の二塁審判は走者が出れば内野に位置して外野の飛球判定はしません。
そこで中堅手を中心に二分割となり一塁と三塁審判がゴーアウトして打球判定をする空いた塁の判定、戻りのプレイに備えます。
最近はこの動き、触塁、帰塁、ワーキングエリアからの次のプレイを読んでどうするかを考える二塁の審判が好きです。
走者がいればマウンドの傾斜の終わりと本塁を結んだ線上と三塁コーチャーボックスの本塁側の交点が最近は二塁審判が位置するベストポジションだと認識しています。

様々な考えはあるとは思いますが、走者が一塁ならば、この私が思うベストポジションから日米野球のMLB審判のように一塁と二塁の仮想のラインに平行に立って盗塁、打球判定、戻りのプレイに備えます。
つまり、斜めに構えてます。
走者が二塁に達して単独になれば一塁二塁の仮想のラインまで下がってライン上に立ちます。
ここから私は二塁の牽制球判定に動いたりします。
しかし、この位置から三塁審判がゴーアウトして二塁走者が三塁に向かった場合に、
三塁のプレイに対してよほど意識してないと遅れます。
中堅手から左の飛球は三塁審判と打球、二塁審判の動きを見ながら一気に三塁に走る動きをファールであっても意識してやり、一歩を大事にするようにしています。

二塁審判は難しいけど好きなところです。
でも走者がいないと中堅手の本塁とのライン上に位置してみたり、走って止まらないで打球判定をしたり、内野手の送球ラインに入ってしゃがんだりとまだまだなところもたくさんあります。
難しいがキレのある上手い二塁審判になりたくて必死にMLBとJABAの二塁審判を見て勉強してたという非常に野球審判しか解らないつまらない専門的な話でした。
うんうん判る、って人は向上心のある新米野球審判員さんですね。
そんな肌寒い雨の朝で、昼は晴れるようですね。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
互いにリスペクトしながら。

昨日は冷たい雨でしたが、今日からは晴れて来ますが秋が深まりますね。
そんな社会人軟式早朝野球大会の決勝戦は社会人軟式に絶対的に強い副審判長が球審となりました。
社会人軟式の選手は審判を騙す行為や、発言をします。
しかし、百戦錬磨の球審は毅然とした態度と睨みを効かせて試合を進行します。
凄いオーラでこれもマネジメント、技能だと思いました。
学生試合ばかりではなく、こういう試合もありますね。
しかし、やはり審判は楽しく選手と信頼し互いにリスペクトしながらやりたいものですね。

昨晩はCS放送で社会人硬式の決勝戦を放送してました。
京セラドームで延長13回の熱戦でした。
アマチュア審判員の最高峰は社会人硬式の審判だと私は思っています。
決してブレない球審、姿勢が綺麗な塁審判でさりげなく素早くなんです。
現在、軟式中学の先生たちだけで県大会の審判をしようと努力されてますし、全国的にそんな動き、通達が出てるようです。
先生たちも野球経験、経験がない人もいます。
そんなに簡単には野球審判はできないとは思いますが頭が良いから理解は速いと思います。
是非に、一緒に汗を流して野球審判の深さを感じてもらえればと思います。
年明けには先生との講習会もあるから4人制の審判も今年のうちにしっかりと理論的に整理しておきたいなと思う高卒の新米野球審判員です。
| 野球審判員 | - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
社会人軟式の暴言

雨の朝です。
筋肉痛で身体のあちらこちらが痛いですね。週末は軟式中学の審判らしく2人制の審判を頑張りたいと思っています。
そんな昨日は社会人軟式野球大会です。
軟式社会人野球は選手が審判を雇ってやってるって感覚があります。
野球に長く携わってる人が多く審判に対して暴言吐いたり横柄な態度を示す選手がいます。
昨日も走者が一塁でファーストゴロ、一塁手は塁を踏んで二塁に送球してタッチアウトの場面でした。
ベンチに帰る選手が守備に行こうとする左翼手に空タッチだったと告げました。
しかし、4人制の三塁審判の私は二塁の前にしっかりとグローブがあり待ち構えてタッグしたのが見えましたし、二塁の塁審判も近くでしっかりと見てました。

前日にこの左翼手が低いギリギリの打球に対してフェアと判定され不満を持ってたらしいです。
守備に行こうとしてた左翼手がまた誤審や?と大きな声で言いました。
すると球審が左翼手に近づき今なんと言った!誤審?近くでしっかりと塁審判は見てた判定だ!何が誤審なんだ!と言いました。
その左翼手は同僚に静止されそのまま左翼の守備に就いてそれからは何も言わなくなりました。
そんな横柄な態度や暴言を吐く選手がいて退場を命じるように事前に決めていましたが、相手が引き下がったから今回はこれで終わりましたが野球審判も気分が悪く残念な大会になってしまいました。
白熱した素晴らしい試合が気分台無しでつまらなく寂しく感じた第一試合でした。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
プロとアマチュアの動き

前日に夜中の2時過ぎまで会計帳簿をしていたから昨日の夜中の建物火災は気づきませんでした。
夕方から早くの就寝で連チャンが利かなくなりましたね。
さて、夜に巨人とメジャーの壮行試合が中継されてました。
観てると球審と一塁がNPB,二塁と三塁がメジャー、巨人が守備をするときは日本の球を、メジャーが守備の時にはメジャー球を使ってると放送してました。

アンパイアも混じって判定してますが上手くコンタクトしながら4人制のフォーメーションをされてました。
4人制の他の連盟の方々と組んだことがありますが、ましてはメジャーリーグで言葉も違います。
試合前のミーティングでどう話されたか気になりますね。
でも球審の敷田さんも張り切ってたし、メジャーの審判学校を出てらっしゃいますからね。
メジャー審判とNPB審判は動きが違うなと感じたのは私だけでしょうか?

NPB審判員は身体にキレがあり、動きが鋭いですが、メジャーは緩やかな中に無駄がなく目立たないがしっかりと見てます。
走者が一塁二塁で三塁線を鋭く抜ける打球は、メジャー審判はフェアのポイントを軽く出して三塁でのプレイに備えます。
アマチュア日本の審判みたいに激しくフェアを出して打球を追うか三塁に戻るか激しいアクションの次に動きが激しいのがアマチュア、緩やかにさりげなく素早くがプロなんだなとテレビ観ながら思ったところでした。

走者が一塁二塁で中堅手から左の安打に対して三塁審判として打球を追わずに素早く三塁に向かう動きが今私の課題です。
どうしても後ろを向いて打球を追いそうになるアクションが出てしまいます。
ポーズリードリアクトがしっかりとできてないんです。
しっかりとトレーニングしたいと感じています。
このオフはしっかりと勉強したいし、日曜日の審判ではしっかりとやりたいと思っています。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |