試合のトラブル

今日から日曜日の消防団夏季訓練に向けてのナイター訓練が始まります。
今年の夏季訓練は曇りでいつになく暑さに厳しく大変な夏季訓練とは違うようです。
さて、あおり運転をしてトラブルになってる男が逮捕されましたが、野球審判やってると様々なトラブルに遭遇します。

初日の学童軟式少年の試合で、走者が一塁、左打者は投球を空振りしてバッターボックスを出ました。
盗塁している走者を刺そうと捕手が2塁に投げたがセーフになりました。
塁審判の私はそれを見てタイムをかけました。
打者が空振りしてバッターボックスから出て捕手の送球を邪魔をしたとして打者をアウトにし、走者を戻しました。

攻撃側の監督はエンドランだからバッターボックスを出るのはしょうがない。何故アウトなのかと球審に抗議します。
クルーチーフ(主審)の私は抗議に説明する責任がありますから、エンドランは関係ない、打者が捕手を妨害したと審判が判断したから打者をアウトにして走者を戻しました。
と説明し試合を再開しました。
試合中に様々なトラブルがありますが、明確な短い説明をして早く試合を再開することが審判に求められていて、その説明をするのがクルーチーフ、つまり主審なんです。
球審が主審ではないという話とトラブルについての説明のお話でした。
| 野球審判員 | - | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
動画を見ながら

朝から雨ですね。
今日は有明海で葦を伐採する仕事でしたがちょっと延期かな?
猛暑は終わり曇りが続く予報で野球審判も少しは楽にできそうですね。
今週末に供養と消防団夏季訓練を があり、その前にナイター訓練も3日間するので夏最後の大きな行事になります。

学童軟式少年野球大会では控え審判に様々な角度からたくさんの動画を撮影していただきました。
オンザラバーからゲットセットに入って動き出すまでじっくり自分の動きを確認しました。
真っ直ぐ見てその視界に上げた手が入るからストライクの右手は前に出てたと思います。
左打者の時に右足が少し入りすぎたかな。
ゲットセットに入る直前に膝に手を置いてそこから頭を動かさないで打者に近い手をベルトに動かすやり方が一番安定したかな?
なんて考えながら動画を見ながら日々反省をしています。

次の審判は次男の中学練習試合かな?
低めの投球判定で頭が動かないようにしっくりとした自分の形を模索しています。
凄い雨でなんか変な天気ですね。
| 野球審判員 | - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
頑張れお母さん

学童軟式少年2日間で2人制5試合を審判させていただきました。
ありがとうございました。
今日は疲れて寝落ちしてましたが、タイマーのエアコンな切れて寝苦しくて起きてしまいました。
とにかく暑かったし、湿度が高い風が吹かない2会場でした。
さて、そんな学童軟式少年野球は様々な裏方さんの努力により成り立っています。

朝早くからお茶菓子や飲み物、弁当を作って日焼けも気になりながらチームシャツを着て本文担当してくれるお母さんたちありがとうございます。
スコア書いたり、放送したり、得点書いたり、、お茶や冷たい御絞りを審判に渡してくれたりとありがとうございます。
まだまだ手のかかる学童軟式少年野球はそんな裏方さんの力で大会や試合が行われています。
控え審判しててありがたいといつも思います。

せっかく本部をして頑張って繰れたのに一つのプレイで逆転で負けてしまいました。
第一試合も右中間の飛球から逆転敗けとなり、野球の怖さ、流れを感じた3試合でしたね。
野球審判はその流れを感じますし、その流れの一因になったり、目撃します。
だから恐いし、責任を感じます。
今日まで学童軟式少年大会がありますが役員、保護者など裏方の力で成り立っています。頑張ってください。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本部席にて

本日は学童軟式少年大会2人制の2日目です。
第一試合の球審を終えて第3試合の塁審判に入ります。
2人制の3試合を3人の審判ですから1人が必ず球審と塁審判をやります。
ただいま本部席にて控え審判やってます。

この大会の本部の方々は、他の連盟からもたくさん来られてるから主催者連盟が本部をしてくれます。
たくさんのお茶菓子や飲み物ありがとうございます。
控え審判をやりながら次のオーダー表は4部必要です。
なぜ野球は主審と呼んだらいけないのか。
ブログを宣伝しながら話をしてました。
いつも本部のお母さんたちありがとうございます。
さて、第3試合の準備をしようかね。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2つの手の上げ方

今朝はタイマーのエアコンが切れて寝苦しくて起きた湿度の高い朝です。
昨日は台風対策で仕事は特別体制を組んでましたが、台風の西側に入り不幸中の幸いで風があまり吹かず大きなトラブルにはなりませんでした。
年間日本には2つくらいしか台風は上陸しないけどもう3個目で今年は台風の当たり年になっています。

明日は5時過ぎに家を出て学童軟式少年野球大会開会式から連続3試合2人制の審判をしますが、様々な反省を踏まえて2試合球審をする予定です。
捕手に距離が近い私は時々捕手と接触をします。
ストライクの手の上げ方も立ち上がりながら手を上げるときに握手をするように前から手を上げると捕手に当たるから肘を引いて手を上げますが、この手が自分の視界から消えてます。
つまり肘が下がり斜め前のドアを叩いてません。
視界に入り、手が見えるようにやってみたいと思います。

この肘を引いて手を上げるやり方と別に握手をするように前から手を上げる方法があります。
こちらは塁審判をするときに遮る、接触する捕手や野手はいないのでこちらのやり方をやってみたいと思います。
球審と塁審判の使い分けですね。
手を握手のように前から持ってくる球審の方は捕手に前から上げるから当たると審判控え室で話を聞いてました。
同じアウト、ストライクのアクションでも違うなと思い、明日は使い分け出来るか試してみたいと思います。
低めのストライクと手の上げ方が明日の課題です。
| 野球審判員 | - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
球審の悪い癖

朝から台風情報を見ながら本日の仕事について考える朝です。
叔母の手術も無事に終わり週末の審判日程も流れてきました。
学童軟式少年大会に配置され、開会式から2人制連続3試合です。
第4試合は助っ人の班が会場移動で来るので何とか頑張りたいと思います。

さて、祭日の月曜日に軟式社会人野球の準決勝で3人制の球審をしましたが、変な癖がついてたから直さないといけません。
ありがたい指摘をいただいたからビデオや動画を撮影してもらって状況把握と改善策を考えたいと思います。
指摘の内容は、投手が投手板に軸足を着けたら球審の私は足場を決めてオンザラバーに入ります。
打者から遠い足を本塁の中心に置き、そこから歩幅を大きく打者に近い足を投手に向けて位置します。
この時身体が斜めに向いてるから投手に向けて体を捻って投球を待ちます。

投手の自由な足が動き出したらそのままゲットセットに入り、捕手の頭の位置を意識して顔を固定します。
ここまでは良いのですが低めに来たときにトラッキングしてますが頭が少し下がるようです。
また、ストライクはよいがボールのと発する声が速いようです。
常に一定したコールでないようです。
ストライクの手の位置も体と平行になっていて少し前に出した方が良いとアドバイスをいただきました。

2人制の第3試合も球審をして動画を撮影してもらおうと思います。
指摘をいただきながら顔を固定、立ち上がって鋭く顔から見える位置に手を出してストライクと上手く出来るように努力が必要な私です。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
軸足を前に出して廻る

本日は独り暮らしの叔母の手術に立ち会うため1日仕事を休むことになりました。
さて、7試合の反省第2段です。
3人制の1死走者一塁で私は三塁審判として内野に位置してました。
打者は低いライナーを打ち、遊撃手が捕球しました。
私はその場でキャッチと発声しましたが、遊撃手は2塁に送球して一塁に転送しました。
2塁に送球するということはショートバウンドで捕球したことなんです。

この誤審の原因は私の塁審判として廻り方に問題がありました。
内野に位置した場合、打球に近い足を前に出してその足を軸に打球を見ながら捕球する野手に正対します。これが内野に位置する二人制や三人制の塁審判の動きで、4人制の内野に位置している2塁審判の基本的なステップです。
しかし、私は右側に来た打球に対して反対方向に廻ってしまいました。

反対に回るということは、一瞬打球から眼を切ってしまうことになります。
眼を切って野手に眼が行った瞬間には捕球しててプレイを見てないことになります。
しかし、打球に近い足を前に出して打球を見ながら回ると眼が切れてなく捕球がしっかりと見えてノーキャチと言えたと思います。
たまたまゲッツーだったから良かったのですが塁審判の廻り方については十分に注意する必要があります。
基本を大事に軸足の出し方、廻りかたを意識して今後に活かせればと思うところです。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
プレイを判定した後

3日間で7試合と暑い中で野球審判を頑張りました。
土曜日は7大学準硬式野球大会、日曜日は次男のミニ大会に行ってお父さん審判で塁審判をして依頼されて球審もやりました。
祭日の月曜日は社会人軟式野球準決勝と決勝戦で、球審と一塁審判をやりました。
そんな7試合で様々な指摘やアドバイスをいただきました。

大学準硬式は責任審判であり、3人制の3試合を4人の審判で担当することになりました。
つまり、球審と塁審判を2試合やって、1人の審判は3試合連続塁審判となります。
1人私より年上の先輩が配置されてましたので、私が3試合連続塁審判をすることにしました。
一塁審判、三塁審判、一塁審判と連続しての塁審判もかなり走って暑くて疲れましたね。

一番上手い後輩から指摘とアドバイスをもらいました。
一塁審判で牽制やフォースアウトの間一髪の判定をして、直ぐに動くので安定感がなく判定に対して自信がないように見えてしまう。
というもので、確かに無意識に前に出たり動いたりします。
2人制の審判ではないから自信を持って堂々とどっしり構えて判定をすることが大事です。
前に出たりするとプレイを確認してるように見えてしまいます。
まだまだ塁審判についてはありますが今日はこれくらいで。
来週は学童軟式少年野球大会2人制の審判に選ばれるかどうかな?
今日も暑いが仕事頑張ろうっと!
お盆休みなんてないので仕事を頑張るが台風が心配ですね。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2つの大学準硬式の試合

夏休みということで、平日に大学準硬式の大会が2つ開催されてます。
全国歯学部大会と国立7大学大会の2つです。
4人制と3人制の審判で仕事を調整して若手と年金組と呼ばれる先輩がタッグを組んで頑張っています。
私も今津野球場で4試合を人数がいないから4人制6人で何とか頑張ってくれと言われてましたが、1チームが棄権して3試合になったということで、三瀬を走行中に電話で春日に変更となりました。

歯学部大会は、今津と春日は3試合ずつとなり、各会場5人の審判で4人制の3試合だから3名の球審は2試合、塁審判をする私と若手が3試合の塁審判で二塁と一塁の審判を交互にやりきりました。
明日は帝国大学と呼ばれていた東京、京都、北海道、東北、大阪、名古屋、九州の国立7大学準硬式3人制3試合の審判を4人の審判で担当します。
つまり、塁審判は3試合、球審は2試合となります。
3人制の審判は4人制より走りますからね。
しかし、この災害級に暑い時に大学準硬式の球審は防具をフル装備でかなり大量の汗をかきます。
毎回の給水と塩飴食べながら氷で冷やしての審判で過酷です。
明日も怖いが頑張りたいと思います。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
代役審判員として

昨晩は小泉進次郎議員と滝川クリステルさんの結婚報道、浅間山の噴火とビックリすることばかりでした。
消防団ラッパ隊のナイター訓練をやってたら、大学準硬式歯学部全国大会審判員が病院に行くことになり急遽訓練中に緊急電話で4人制の4試合に行くことになりました。
台風と昨日の突然の雷雨で1試合追加となったし、審判員が病院と二重苦で私に要請があり行くことにしました。
10日も国立7大学準硬式野球大会があるし、そちらも順延での緊急登板で肩がまだ出来上がってません。

今日は4人制で土曜日は3人制と頭を切り替えながらの大学準硬式の試合です。
4人制の審判と3人制の審判は似てるが1人の違いで若干戸惑うところがあります。
特に3塁審判で外野の飛球範囲やタッグアップを見るか見ないか。
一塁のカバーなど違いがあります。
3人制の審判では外野の飛球は常に中堅手から左ですが4人制の審判は二塁審判の位置にゆり2分割や3分割になります。
走者か三塁なら3人制の審判はタッグアップを考えませんが、4人制の審判なら発生します。
4人制なら行かないけど、3人制の審判なら一塁の打者走者の触塁を単独三塁なら三塁線から全力で一塁に走ることもあります。

次の打球によってどう走るか考えながら塁審判は待ってないと間違えます。
今日は大きな声でゴーアウトを叫んで走ることを頑張りたいと思います。
ゴーアウトの声は、相手の審判に対する意思表示です。
必ず必要なんです。
相手の審判に聞こえるように大きな声でハッキリと頑張ってきたいと思います。
代わりの審判員として戦力が落ちないようにきびきびとした動きでまもなく出発します。
今日も暑いよな!
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |