無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
後輩に伝えること!


今日から梅雨の中休みでしばらく天気が続きます。
つまり農作業がしっかりとできて田植えに向かって作業が進むということです。
月曜日なので筋肉痛の体で頑張りたいと思います。
さて、昨日はこんな激しい緊張高い試合に初めて来た新人審判員がいました。
フレッシュお父さん審判員から審判になってもうすぐ2年ですがこのホークスカップ予選に派遣されるのも審判長の期待かも知れません。

そんな試合に球審をさせても大変ですから普通は3人の審判で3人制の3試合は球審を1回して塁審判を回しますが、私が新人審判員の代わりに球審を2つしました。
その代わり新人審判員はかなり走る3塁審判を連続2試合、最後の試合は1塁審判で頑張って最後はその一塁審判の判定で終わったこと、最後まで集中して判定して走りきったことをかなり私ももう一人の中堅審判員は評価してます。
動きもかなり事前に勉強していたらしく動けましたし、あの加速して走る足が素晴らしい!
早速審判長に報告して次にフレッシュ中学硬式に行く前に大学準硬式で3人制の審判で鍛えるそうです。
球審の所作に判定、動き、トラブルの対処などは新人は今から勉強です。
何事も経験して上手い審判員になって欲しい期待の審判員です。

アナウンスも実に安定して言葉がはっきりして声の響きが良いですね。実に上手くて従いましてとは言いませんね。
素早く選手交代もプレイを見ていて、プレイが途切れたら直ちに放送を入れてくれます。
次打者がサークルから出て打者がボックスに入るまでに紹介アナウンスを終える!
プロ野球の試合を見てるようで実に球審として審判に集中ができました。
さりげなく!これがアナウンスだと思います。

アナウンスも審判と同じく勉強、練習、経験が必要です。どのタイミングで、どの速さで、選手の紹介や交代はいつ、どうするかはアナウンスの判断で喋るから自己研鑽が必要で、マニュアル見ながら流れを読まなければなりません。
昨日のウイングスの本部とアナウンスは実に流れを読んでさりげなく!アナウンスで試合を停めることなくされて実に高い技術と連携、結束力をみました。
選手紹介をしながら上手いタイミングでスコアボードに選手の名前を表示するなど憎い演出もありました。
あと少しですが三年生の保護者の方はよろしくお願いいたします。

また、審判と同じく上手く後輩を育てていただきますようにお願いいたします。
2日間お世話になりました。
新人審判員もまたよろしくね!

| 野球審判員 | - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
2017/06/12 9:15 AM posted by: M山
U永さんが腕を上げましたか?それは楽しみですね!^^
確かに若い?っていい事ですね!!ていうか?U永さんは確かタワシより年上ではなかったですかね!?(汗)自分も頑張らナイトーー
昨日タワシが行ったグラウンドでは、ホームランの判定をめぐっての抗議が2度ほどありましたが、ココで勘違いしてはいけないのが、学生野球での講義はベンチの監督以外は受付けられません!
よく一塁に走り込む選手や盗塁した選手がアピールなのか?「セーフ!」とコールしてますが、一瞬『貴方は審判ですか!?』と思ってシマイます!
アウト、セーフの判定は我々審判員がジャッジしますので、競技している選手は判定する事が出来ないハズです。
アメリカのメジャーリーグでは、審判員には忠誠で選手が抗議する、又は判定に対して不服を申し立てる態度で『退場』を命じられる事さえあります。
一度判定が出て、それに対して抗議したいのであれば、監督がその主旨を云って頂きますと、我々審判員も協議する事が出来ますので、今後一度その辺りを連盟で話し合って頂き、選手も審判員も気持ち良くグラウンドに立ちたいと思いますのでご協力をお願い致します。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sagaroyals.jugem.jp/trackback/3111