←prev entry Top next entry→
様々な連盟の考え方

昨晩は何回も起きて携帯を確認しましたが、大雨警報が発令されることはなく出勤はしなくてよかったのですが熟睡はしてませんので疲れた朝です。
でも布団で寝られたので出勤して机にうつ伏せで寝るよりましかな?
写真は審判員の息子さんが写ってるもので昨日も仕事を休んで様々な審判が高校野球を観に行ったようです。
4人制の勉強になりますね。

帰宅したら週末の審判が流れてきてました。
15日はジャイアンツカップ予選で大分、祝日は中学硬式福岡大会の雁ノ巣野球場となりました。
つまり、16日はお休みですがいきなりの休みですから何の予定もありません。
審判はいきなり休みになるから予定はなかなか入れられなく、いきなり休みとなっても困ります。
さてどうするかな?
今日の午後から晴れてきて梅雨がそろそろ明けそうですね。

最後に気になってるのが4人制の審判で走者が二塁三塁で中間守備をしてるとき必ず高野連の二塁審判は外野に位置してます。
前進守備なら判りますが、中間守備でも外野に出るようになってるんでしょうか?
外野に二塁が出て打球を追ったなら一塁審判が二塁走者のタッグアツプと打者走者の一塁触塁を見て一塁と二塁のプレイに備えるから忙しくなります。
私は中間守備まで二塁審判は内野に位置して、二塁手や遊撃手の片方が前進守備したなら空いてる内野のスペース、前進守備してない野手の方に移動してなるべく内野で判定をした方がよいと思うのですが、これは高野連、リトルシニアでも様々な教え、意見があるそうです。

メカニクスハンドブックにも2通り書いてあり、やはり審判する連盟のやり方が2つあるということです。
この2つを知ってないとジャイアンツカップやアンダーアーマーカップみたいに複数の連盟の審判が入ってやるときに対応ができなくなります。
他の連盟の審判は高野連の審判と複数登録してる人が多いらしくこの時期は調整が大変だと聞いてます。
他の連盟の審判員と情報交換できるのでいろいろ楽しいです。
さあ今日から晴れて審判として苦しい辛い季節になりましたが頑張ります!
皆さんも熱中症にはならないようにね。
| 野球審判員 | - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
2017/07/12 10:51 AM posted by: M山
私も先日、熊本の山鹿市民球場でジャイアンツカップ予選で球審をした時、二塁のリトルシニアの審判員とサインの歩調が合わず(汗)一塁のボーイズの審判員とサインの交換をしながら、フォーメーションが崩れないように注意して動きましたが、1カ所穴が空いてしまった事がありました。
ランナーが単独三塁の時、アウトカウントによっては二塁の塁審は遊撃手の後ろだったり、二塁手の後ろだったりするのですが、リトルシニアでは、一定して遊撃手の後ろと決まっているような事を云われました。
ちょっと、試合前にその辺りの打ち合わせが出来てなかったのもありますが、レフト線に打球が行き、私は三塁ランナーの本塁ベースの触塁を見てましたが、二塁塁審が外から中に入って来て三塁ベース方向にスライドするかと思いきや、二塁ベースの手前に留まっていたので、一塁塁審もリミングで二塁方向へ行けず(汗)三塁ががら空きになってシマイました!−−
私は慌てて三塁方向へ上がって行きましたが、打者ランナーは三塁へ走る事を躊躇して二塁へ戻りましたので、大きなミスに繋がらなかったのでホッとしましたが、試合前のコミュニケーションは大事だなぁ!と思いました。
今週の土曜日も大分の地でまた行われますが、行かれる方はきちんとした打ち合わせを試合前に充分行って頂きたいと思います。頑張って下さい!!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sagaroyals.jugem.jp/trackback/3139