スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
チームシャツの話です。

昨日はバルーン会場を廻って環境現場を視察、激励したりとバルーンは見ることができなかったが現場の頑張りに感謝の1日でした。
そんな縁の下の力は野球にとっては大事です。
送迎、ベンチのお茶やコーヒー、道具の運搬に氷やお湯の準備と目に見えない縁の下の力が働いて運営は成り立っています。

小学校や中学、高校まで保護者はチームシャツを着て縁の下の力を発揮します。
シャツを着ると一体感や責任感が湧いてきます。
野球審判も同じで審判のシャツを着ることで練習試合であっても責任感が沸いてきて手を抜かない自分の力を発揮するのです。
だから中学軟式練習試合でも一生懸命シャツを着て球審を精一杯させていただいてます。

消防団も同じで私はそんな制服やシャツを着ることが多く、昨日のバルーン会場にも暑かったけど青いジャンバーを着て行きましたよ。
最後にこのシャツを着る、声をかける、一体感を持つことはとても大事で、引っ込み思案の親やあまり試合や練習に来られない、新人の方々に早く中に入って楽しさを知ってもらう大事なことです。
何を言ってるかと言えば、試合後に行われるチームシャツを着て親父の会の飲み会は大事ですよ。っていうお話でした。
主催される保護者会長にいつも感謝しています。
今日から11月です。早いなあ!今日もバルーン会場に行って激励したいと思います。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。