スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
三塁審判が二塁に走らなかったら

嵐の二宮君が結婚するニュースが流れてきました。
今晩から雨が降り爆弾低気圧となり寒波が来るそうです。
冬の嵐となるそうです。
さて、昨日は4人制の審判で二塁審判が打球を追ったが三塁が二塁に走らなかった場合のことを書きました。
軟式中学のお父さん審判が塁審判をしてるときに中堅手後方に打球が上がった時にさすがに捕球したかどうか見えないから二塁のお父さん審判も動いて見える位置に行くから二塁が空きます。
通常は三塁審判が二塁に向って走ってるから安打で打者走者が二塁に行っても二塁の判定は大丈夫なんです。

こんな時に方法は2つあります。
三塁が全く動かない、二塁が空くと感じたら一塁審判が打者走者に先行して二塁に行く方法があります。
ピボットターンという技法で一塁線から内野に切れ込み打者走者の一塁触塁を確認してから走者に先行して二塁に一塁審判が行く方法があります。

もうひとつは球審が打球とともにマスクを左手で外しながら前に出て三塁審判と一塁審判を見ながらマウンドの右方向から二塁に向かって走り、打者走者の一塁触塁を見ながら二塁に向かいます。
2人制の審判ではこの動きがありますが、2人制の審判をしたことがない人、1人制の審判をしたことがない審判員は違和感を感じてしまうかも知れません。
高校野球練習試合でもこんな二塁に向かう球審の動きはありますね。
4人制の審判のフォーメーションを理解してないと二塁が空いて判定は誰もできない事態が発生してしまいます。
だから三塁審判は二塁に向かう、そこから空いた三塁に球審が走り、本塁に一塁審判が動くのです。

より正しく判定を正確に確実にするために塁審判は動いて判定をするからその他の審判員は空いた塁をカバーリングするために事前に試合前に打ち合わせを行うのです。
一塁審判がピボットターンして二塁に向かうか球審が二塁に向かうか、三塁審判が二塁に向かって走らないときにこんなケアの方法があります。
硬式中学なんてフル装備の球審は二塁に向かって走ると辛いんですよね。
最初から2人制の審判や1人制の審判は諦めてるから走れますが4人制の山越えは勘弁してくれって思ってしまう審判あるあるの話でした。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。