スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
二塁から右のゴロ判定

消防団の幹部会議でジャンバー製作の承認をいただきました。
28日の年末警戒に間に合うようにしたいと思います。
さて、昨日の続きで一塁審判なんですが、三塁手や遊撃手ゴロは打たれた瞬間に判定位置に移動しますが、二塁から右側のゴロは直ぐには動きません。

リードステップを踏みます。
リードステップとは、一塁線に接触して本塁に向かって立ってる右側の足を後ろに引いてラインに平行に立ちます。その状態でプレイを見て二塁手に正対します。
普通の二塁ゴロならば、私は一歩か二歩ラインの内側に入り体は一塁顔は二塁手の形を作ります。
プレッシャーボールと呼ばれる一塁審判に近づく、一塁審判の後方から送球が来る、ライトゴロはファール地域に出て判定を行います。

プレッシャーボールなのか普通の二塁手ゴロかを右足を引いてラインに立ってプレイを考えて動きます。
打たれた瞬間に動く三塁や遊撃手のゴロとは違いますね。
この違いをしっかりと考えて実践することです。
今日はここまで、寝坊して慌てた寒い朝ですね。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。