スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
私のゲットセット

朝から雨ですね。
日曜日に水路を重機で掘ってたから水の流れがどうなったか心配ですね。
さて、雨の朝は全軟都道府県審判指導員研修会の報告書を読んでます。
全軟も国際化が進んで基本はベースボール的考え方、アンパイアの動きに変わってきた感じが強く感じます。
球審の基本的な構えについても、ヒールトウヒールを意識してスロット又はトレールどちらから入っても良いそうです。
スクエアでゲットセットをすると捕手にトレールフットが当たるし、当たらないように考えると捕手との距離が空きます。

確かに捕手の背中に膝が当たる感覚やゲットセットをしてから捕手が前に出て空くことがありますね。
膝がギリギリ当たらず捕手を包み込む感覚で前に捕手に動いたら二歩で着いていくように私は練習中です。
何故捕手との距離が空いたらいけないのでしょうか。
それは捕手がブラインドになって低めの判定の正確性が欠けるからです。本塁が全て見えてるか、打者の膝頭が見える位置に居るかという話です。
捕手から離れると外角低めが捕手に隠れて見えなくなります。
本塁全てがスロットスタンスの位置から見える位置に動きます。
頭の前傾も考えて自分のゲットセットを横から撮影していただき正確に判定できる姿勢を早く作り上げることが大事であると思います。

今日はかなりマニアックなブログ内容ですが、この冬場に様々な本や資料を読んだり講習会に行ったりして来シーズンの準備に入ります。
トレールフットを少し下げてその足を開いて捕手との空間を作り、捕手を包み込む感覚から体を捻って投手に正対して頭を少し前傾から捕手の頭に顎を乗せる感覚で顎を引いて上目遣いで投球を見るというのが私のゲットセットです。
朝から雨ですが暖かい季節外れの1日になりそうですね。

| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。