スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
捕手が内角に構えた時に

夜中はかなり雨が降りましたね。
その激しい雨も止んで暖かい朝を迎えました。
さて、今日も都道府県審判指導員研修会の続きです。
捕手が内角に構え打者も本塁に近い場所に立ち、グリップを下げて構えたりするとスロットに構える球審は投手のリリースポイントや投手自体が見えないことがありますよね。
こんな時にどうするかが書いてあります。

ベンチからの指示でバットを短く本塁に一番近い場所に立って四死球狙いをする戦術があります。
野球は打つ競技であり打たせないといけないのにそんな指導だから野球の楽しさを教えることができず指導者としてどうかと考えることがありますね。特に学童や中学の試合は打たせて欲しいと球審していて思いますね。

そんな投手が見えない時はとにかく見える位置を球審は探します。見えないからといって安易に本塁の真ん中に構えるのは危険で被弾の危険性が増します。
スロットに構えるのは球審の危険防止で硬式ならば特に危険です。
基本を守らず形が崩れたり、投手に正対しなかったり、シザーズになったりしてもやむを得ないと記載があります。

肘を前に出したまま打つのではなく、投手のリリースが見えなくても打つ瞬間には肘を引くから本塁付近で球が見えます。
ただ、急に見えるので判定がリリースから見えてないから球審が戸惑うということです。
しかし、それでも真ん中に構えることはしない。
何とかスロットから探す努力をしなさいと書いてあります。
頭の高さを変えたり、怖くてたまらないが少しだけ気持ち本塁に寄ったりしながら見える位置を探しますが、そんな時にちゃんとインコース一杯に捕手のミットに入る投球をするコントロールの良い投手はあまり見ませんね。
先ずは危険防止という観点から安易に真ん中に構えない球審のお話でした。

| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
私のゲットセット

朝から雨ですね。
日曜日に水路を重機で掘ってたから水の流れがどうなったか心配ですね。
さて、雨の朝は全軟都道府県審判指導員研修会の報告書を読んでます。
全軟も国際化が進んで基本はベースボール的考え方、アンパイアの動きに変わってきた感じが強く感じます。
球審の基本的な構えについても、ヒールトウヒールを意識してスロット又はトレールどちらから入っても良いそうです。
スクエアでゲットセットをすると捕手にトレールフットが当たるし、当たらないように考えると捕手との距離が空きます。

確かに捕手の背中に膝が当たる感覚やゲットセットをしてから捕手が前に出て空くことがありますね。
膝がギリギリ当たらず捕手を包み込む感覚で前に捕手に動いたら二歩で着いていくように私は練習中です。
何故捕手との距離が空いたらいけないのでしょうか。
それは捕手がブラインドになって低めの判定の正確性が欠けるからです。本塁が全て見えてるか、打者の膝頭が見える位置に居るかという話です。
捕手から離れると外角低めが捕手に隠れて見えなくなります。
本塁全てがスロットスタンスの位置から見える位置に動きます。
頭の前傾も考えて自分のゲットセットを横から撮影していただき正確に判定できる姿勢を早く作り上げることが大事であると思います。

今日はかなりマニアックなブログ内容ですが、この冬場に様々な本や資料を読んだり講習会に行ったりして来シーズンの準備に入ります。
トレールフットを少し下げてその足を開いて捕手との空間を作り、捕手を包み込む感覚から体を捻って投手に正対して頭を少し前傾から捕手の頭に顎を乗せる感覚で顎を引いて上目遣いで投球を見るというのが私のゲットセットです。
朝から雨ですが暖かい季節外れの1日になりそうですね。

| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ちょっとしたお手伝いが出来るか

週末は消防団の視察と農作業をしました。
特に農作業は多種多様で畑を耕したり重機を使って水路を掘ったり農機具が通れるようにU字溝を入れたりとまあ仕事はたくさんですね。
ちょっとしたお手伝いが農家には嬉しいものです。
1人制の審判で3試合やってたり、負傷してて思い通りに走れなかったり夏場で暑くて大変な時に野球審判を手伝ったりしてもらった時もかなり嬉しく来てもらった審判が神様に見えます。
ちょっとしたお手伝いをするためにはそれなりのスキルが必要になり、何でもできる野球審判や農業手伝いができる免許や経験が必要になります。
頑張ろう!

めんきょといえば視察に行った消防団の車両は今の普通免許やオートマチック限定免許に対応した新型車両でした。
総積載重量が今の新しい免許では3500キロ以内でないと運転できませんか、通常の2トンや3トンベースの車に消防のポンプや機材を入れると軽く4トンは超えて運転ができません。
1250キロの積載車両に極度に軽量化した資材を積んだポンプ車は九州で初めての導入です。

この車は都市部の浸水に対応した車両でもあります。
通常の車両ポンプと違って道路等の浸水に対応したもので佐賀県の浸水に十分対応できる自動車ポンプです。
自動車ポンプですからポンプ積載車両と違って馬力があります。
常備消防と同じ能力面があり浸水地域でかなり手伝いができると思います。
山間部より都市部に適した車両になってます。
ちょっとしたお手伝いをやろう、できるようにこの冬に力をつけたいと思った2日間でした。
今日から天気は崩れて雨の予報ですね。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
様々な違い

今日は消防団の視察研修がありゆっくりの朝です。
昨日のコメントで理解しやすいようにタッチアップと書きましたが、我ら審判員はタッグアップと言います。
主審と呼ばず球審と言います。
試合前にクルーチーフを決めてその試合で抗議があったりした時の説明を担当する主審を決めます。だから球審イコール主審とはならないこととなります。
ワンモアピッチは外野に向かって言うのではなく次打者に向かって言ってラストボールだから準備をしなさいと言う意味です。

様々なことを書いてますが、少しずつ呼び方や意味を理解して変えてくれればと思います。
次男の軟式中学の親父会の一部ではやっと球審をしてる私を主審と呼ばないようになりました。
練習試合では一塁の私が主審と控え審判をします。と言ってくれます。
中学軟式は何イニングか毎に保護者の塁審判が変わりますからね。
寒い今日は消防団のジャンバーを着てしっかりと勉強してきますね。
主審と言わず球審と呼びましょう!
| 野球審判員 | - | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
タッチアップの判定

昨晩は今年最後の消防団のラッパ隊の訓練を行いました。
28日は年末警戒で12にちに消防団の出初め式があります。
2年間特別訓練をやってきて、来年はいよいよ県大会に挑戦する予定が自動車ポンプが同じ北部方面隊から出場することになり、ラッパ隊は出場を辞退する苦渋の決断をして隊員に発表しました。
しかし、このまま4年後の出場を狙って訓練は継続していきたいと思います。
モチベーションが下がらないことを祈るばかりです。

4人制の三塁審判の続きです。
三塁審判は二塁に全速力で走るかは二塁審判を見て考えます。
三塁線に落ちる打球や左翼ポール付近の本塁打になるかのトラブルボールも左翼線を外野に向かって最後は止まって判定をします。
走者がいれば中堅手から左の外野飛球にゴーアウトして打球判定に動きますが、本塁には向かっていかないから一塁審判と違って動きが明確です。
一塁審判は外野や一塁線の飛球、内野ゴロの一塁判定、本塁に向かってカバーリング、二塁にピボットしてなど様々な方向に動くことを考えますが三塁審判はかなり明確でスッキリします。

しかし、三塁に走者がいればタッチアップを判定することがあります。
このときは打球判定かタッチアップかを明確に決めて動きます。
二塁審判が打球判定に動いて走者が三塁にいて無死か1死ならばタッチアップが必要で捕球する野手と三塁走者が一直線上になるように考えてファール地域に動いてタッチアップの判定に備えます。

このとき三塁審判が見るポイントは、捕球する野手と三塁走者の塁に触れてる足が捕球後に離れたかどうかをちゃんと見て判定をする大事な役目があります。
グラブに触れてそれを弾いて捕球しても最初に触れた時点からタッチアップは成立します。
捕球ではないことに注意をしてください。
落球したならば関係はありませんが三塁走者が飛び出していて、外野手が捕球したならば、一旦三塁に戻って再びタッチアップができるからこの戻りのプレイも三塁審判は大事な判定になり、三塁に走者が戻って来る前に三塁に転送されフォースプレイになるので走者が戻って来るか送球が早いかの一塁内野ゴロと同じ状態になります。
得点に絡む大事な判定なので責任が重い三塁審判です。
最後に地元の消防団の先輩が癌で亡くなりました。
息子は消防団のラッパ隊の隊員で今も頑張ってくれてます。
私の消防団に入った時に指導してくれた大事な先輩でしたが、奇しくも消防団の視察研修で通夜と葬儀に参加ができず遠くからご冥福をお祈りしたいと思います。
| 野球審判員 | - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
三塁ゴロの判定

昨日の昼は温かく現場作業に着いていき一緒に作業したら汗をかきました。
今日も昼は12月なのに暖かくなるそうです。
4人制三塁審判の続きで内野ゴロです。
三塁審判の内野ゴロの判定は三塁線を抜ける速いスピードのゴロかボテボテの三塁ゴロですね。三塁手の守備位置を見て球審か塁審判かを考えます。
軟式野球では三塁手は塁の横や前に守備をしていて大学準硬式や硬式野球は三塁の後方に守備をしています。

三塁を基準に内野ゴロは事前に打ち合わせしてますから三塁前の打球は球審が、三塁後方の打球判定は三塁審判が基本は行います。
三塁線で捕球した時にその捕球された球がどの位置にあったかで判定をするから三塁手の後ろ、背中から見る三塁審判では隠れて捕球が見えないことがあり、球審が判定をすることになります。

三塁線を抜ける打球だったりボテボテの打球で捕球が比較的に見える打球は三塁に近かったら三塁審判が出して球審は一塁への悪送球や打者走者の走塁位置を見てもらう取り決めも試合前にします。
私は本塁と三塁の中間点から本塁側の緩い打球は球審がそれ以外は三塁審判が見えたら積極的に判定をお願いして、ワンテンポ待って球審の私はフェアの判定を出します。
もちろんフェアはノーボイスで際どいファールは何回もファールと連呼し、ファールボールとは言いません。

三塁線を抜ける速いスピードの打球や三塁手や遊撃手がショートバウンドを判定するのも三塁審判の大事な役目で三塁手や三塁から離れ過ぎるとこの状況バウンドの打球にノーキャッチと自信を持って判定ができません。
球審からは遠いから三塁審判に事前に積極的に判定をしてもらうようにお願いしています。
三塁をゴロで抜ける打球は右手で外野を向きなが三回くらい塁の上を抜けた打球と激しくコールをします。
そのまま三塁に向かって外野のフェンスに挟まらないか、抜けて障害にならないかを確認に走ります。
走者がいて外野で障害にならない野球場ならば外野を向かず塁に平行に立ったままフェアを出してそのまま三塁とコーチャーボックスの間に入り三塁に向かってくる走者を待ち受けます。

三塁審判はゴロに対して球審とダブルジャッジをしないこと、フェアを出すときはカッコ良く、ファールはかなり大きな声で声を張って連呼します。
手を前に出しながらプレイを止めます。
三塁審判は打球が早くフェアかファールで得点にかなり絡むし、触塁を必ず見ておく、タッグアップが打球判定に行くかを読むので難しいし、抗議が多い審判となりますがちゃんとやれば楽しいですよ。
内野ゴロに対してはこれくらいでスマホで朝から書くのには辛いものがあります。
さあ昼間は暖かい12月ですから年末警戒前の消防団の忘年会準備をしたいと思います。万年幹事の本部分団長です。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
三塁審判のイメージ

今週末は学童低学年大会や高学年大会がありますが、私は何もなく農作業を頑張るだけです。
しかし、気持ちはもう来年に向いていて新たなる進化を遂げたいと思います。
先ずは、2人制のトレーニングで関西の講習会に1月に参加する。
他にも講習会を探して参加するようにネットを見ながら考えています。
ワゴン車に布団を積んで様々なカテゴリーに参加したいと思ってるところです。

4人制の審判や塁審判について先生審判が一生懸命このブログを読んで勉強されてると聞きました。
私なりに考えて解りやすく今後も書いていきたいと思います。
本日は三塁審判編です。
4人制の三塁審判は得点に絡むから気を使う塁審判となります。
3人制の三塁審判は4人制の2塁審判の業務も担当しますからかなり気を使い難しいが私は好きですね。
4人制の三塁審判をやる時は二塁に向かって走者がいないときはダッシュしますからいかに走れるかを考えます。
靴を軽いのにしたり、マークが入った審判専用の靴に変更して一歩先に行ける準備をします。

三塁審判は4人制の審判で走者が居ないときは自分に向かって飛んで来る飛球やラインに落ちる打球以外は二塁に向かって走者が走る意識がかなり高くなります。
私は左足を後ろに引いて打球と二塁審判や一塁審判を見てから二塁に向かって走る準備をします。
二塁審判が打球を追ったから一気に加速して二塁に向かいます。
基本は三塁手に接触しないように気をつけて全速力で二塁と投手板を結ぶ仮想の線に向かって全速力です。
左中間や右中間に抜けて二塁審判が打球を追ったから長打となるから大学生や高校生なら二塁に向かって走者が速いスピードで到達するからこちらも全速力で二塁に向かい打者走者を待ち受けます。

3人制の三塁審判は二塁審判が居ないために二塁審判が二塁にカバーしてくれないから常に二塁に全速力で走ります。
私が考える三塁審判はとにかく走る、速いスピードで一気に加速できる体力がいる、本塁に向かって走ることはなく打球判定に動くか、二塁に全速力か、留まるかはっきりとしたイメージであり得点に絡むし、触塁やフォーメーションの最初の動きをするポジションとなります。
明日は内野ゴロに対する三塁審判を書いてみたいと思います。
三塁審判をやるためにも走るトレーニングをこの冬にやるつもりです。
今日も寒い朝ですが日中は温かくなるようですね。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10年通った審判協会を休みます。

週末は学童軟式少年低学年審判やみかん採取に中学硬式連盟の納会に出席で今季の野球審判行事全て私は終了となりました。
福岡の審判協会をしばらく休部して農作業や佐賀の審判、次男の部活の送迎することになりました。
福岡の審判協会からは必ず中学部活が終わったら帰って来てくれと言われましたし、それまでには腕が錆びないようにしないと行けないし、忙しい時には参加要請があれば福岡にも行きたいと思っています。

10年通った審判協会ですし、様々なカテゴリーの審判ができるのが魅力です。
1人制の審判から2人制、3人制に4人制の審判があり、軟式、硬式、準硬式の球を扱い、学童軟式少年、中学硬式、中学軟式、大学準硬式に社会人と様々なレベルの審判をするから楽しみもありました。
今後も必要とされる審判でありたいと思います。
そのためにも今後は佐賀の全軟で腕を磨いて新たなる進化を遂げたいと思います。
ブログはいつものように今後も書いていきたいと思います。
二日酔いかな?頭が痛い月曜日の早起きの朝です。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ゴーアウトに対して返事をする

昨晩は地元の軟式審判部の納会に参加申し込み忘れてたから欠席となり帰宅したら夕飯が無かったので買い物して私が簡単に作ることにしました。
カセットコンロにフライパンに油を敷いて肉と野菜を入れての簡単な料理です。
さて、昨日は一塁審判のリードステップについて書きました。
二塁から右側のゴロに対してラインに沿った右足を引いてラインに平行に立って状況を確認する動きです。

私は左足を前に出して一塁に平行に立ちます。
このラインに平行に立つ動きは走者がいて二塁審判が内野に位置して外野の飛球が飛んだ時にも使う技術です。
中堅手付近に走者がいて打球が飛びました。
打球が上がった瞬間に方向と角度を見て何処の飛球かを読みます。
この時にラインに平行に立って野手の動きと三塁審判を見ます。
走者が居るから外野の飛球判定は二塁審判は一切しません。
つまり、中堅手を基準に三塁審判と一塁審判で外野の飛球に対して判定をする範囲が決まっています。

試合前に中堅手前と後方飛球と中堅手から右側の飛球判定は一塁審判が担当することを打ち合わせしてますたから、三塁審判の動きを確認します。中堅手後方の飛球なら三塁審判と互いに目が会うはずです。
目があったなら三塁審判に向かってゴーアウトと大きな声を出して打球に向かって左足から踏み出して走り出します。
三塁審判はそれを見てオーケーって声を出します。
このゴーアウトに対するオーケーが私は声を出してませんでした。

県連の講習会で高野連の審判員は必ずオーケーの声を出します。
それもかなりの大きな声なんです。
来季はこのオーケーを出して行きたいと思っています。
これがラインに平行に立ってからの外野の飛球に対する動きでポイントはラインに平行に立って野手と三塁の審判の動きを瞬時に確認するためのリードステップ踏むことです。
もし、同じ飛球で三塁審判がゴーアウトしたならば、一塁審判の私はオーケーと叫んで走者が一塁ならば一塁コーチャーボックスと一塁の間に移動して打者走者の一塁触塁と一塁走者の戻りのプレイに備えます。
また、安打ならば球審を見ながら本塁に向かう準備をします。

走者が一塁二塁などで三塁審判が打球を追ったならば、オーケーと声を出してピボットして二塁の審判の動きを見ながら一塁と二塁でのプレイに備えます。
一瞬のリードステップ、三塁審判と野手の動きを見て一塁か三塁審判のどちらが行くかを決めます。
三塁審判も同じリードステップを踏んで一塁審判を見ています。
二塁審判は打った瞬間に一塁走者の二塁でのプレイに備えながら打球方向を見て一塁審判や三塁審判を見て打球を追った審判の方向に動いて触塁や次のプレイに備えて動きます。
今日は真冬並の寒さで山沿いは雪の予報です。
夜は宿場の忘年会ですが、明日も学童軟式少年低学年大会開会式と試合、審判協会の納会があるから一次会で歩いて金鳥サッサと帰ります。
明日の朝も寒いよね。
またまた長くスマホで書いてしまいました。
最後まで読んで。いただきありがとうございました。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
二塁から右のゴロ判定

消防団の幹部会議でジャンバー製作の承認をいただきました。
28日の年末警戒に間に合うようにしたいと思います。
さて、昨日の続きで一塁審判なんですが、三塁手や遊撃手ゴロは打たれた瞬間に判定位置に移動しますが、二塁から右側のゴロは直ぐには動きません。

リードステップを踏みます。
リードステップとは、一塁線に接触して本塁に向かって立ってる右側の足を後ろに引いてラインに平行に立ちます。その状態でプレイを見て二塁手に正対します。
普通の二塁ゴロならば、私は一歩か二歩ラインの内側に入り体は一塁顔は二塁手の形を作ります。
プレッシャーボールと呼ばれる一塁審判に近づく、一塁審判の後方から送球が来る、ライトゴロはファール地域に出て判定を行います。

プレッシャーボールなのか普通の二塁手ゴロかを右足を引いてラインに立ってプレイを考えて動きます。
打たれた瞬間に動く三塁や遊撃手のゴロとは違いますね。
この違いをしっかりと考えて実践することです。
今日はここまで、寝坊して慌てた寒い朝ですね。
| 野球審判員 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |